Oasisnoki

発達障がい子育て支援ブログ-オアシスの木

特徴と理解

オキシトシンは自閉症スペクトラムの治療とコミュニケーション障害の改善に役立つか?

オキシトシンは自閉症スペクトラムの治療とコミュニケーション障害の改善に役立つか?

こんにちは、平良です。

突然ですが、みなさんは「オキシトシン(通称:愛情ホルモン)」という脳内分泌物質をご存知ですか?

東京大学大学院が自閉症スペクトラムの男性に対して行った研究結果を、米精神医学誌「JAMA Psychiatry」に発表したことで、マスコミなどが取り上げ、今話題になっていますね。

東京大学が行った研究とは?

東京大学大学院は、自閉症スペクトラム障害の成年男性40人を対象に、「偽薬(プラセボといいます)」と「オキシトシン」を使った二重盲検という方法の臨床試験を東京大学医学部附属病院で行いました。

被験者の自閉症スペクトラムの男性に、オキシトシンをスプレーで1回、血液中への浸透が早いと考えられている鼻から投与し、人が笑顔で嫌な言葉を話したり、嫌な表情で好意的な言葉を話すなど、意図的に表情と言葉をちぐはぐにした人が話す映像を見せました。

その後心理テストをした結果、オキシトシンを投与した患者は、言葉の内容よりも、表情や声色を活用して相手の友好性を判断する回数が増えて、対人コミュニケーションの障害が改善されたそうです。

また自閉症スペクトラムの脳は、前頭前野の活動が弱いことがわかっていましたが、この臨床試験で脳の内側にある前頭前野の活動が活発になったことがわかりました。

二重盲検とは、“思い込み”などによる「偽薬(プラセボ)効果」や観察者の先入観をなくすために、臨床試験を行う医師にも患者にも偽薬か実薬かを知らせないで行う厳密な試験方法。

オキシトシンとは?

オキシトシンは脳で分泌されるホルモンの一種で、愛情ホルモンとも呼ばれています。オキシトシンは、母親が授乳する時に乳腺の平滑筋を収縮させて、おっぱいの分泌を即して母乳が出やすくなるような働きもしているんですね。

オキシトシンは良好な対人関係が築かれているときに分泌され、闘争欲や遁走欲、恐怖心を減少させる。オキシトシンをヒトに投与する実験が行われたが、鼻からの吸引によるこの実験では金銭取引において相手への信頼が増すことが判明。盲目的に信頼し、たとえ損害を蒙ってもオキシトシンが再投与されれば再び相手を信頼し、不利な取引契約を締結してしまう。
2010年4月24日 金沢大学「子どものこころ発達研究センター」が知的障害のある自閉症患者にオキシトシンを投与したところ自閉症患者の症状が改善したと発表。主治医の棟居俊夫特任准教授は「知的障害のある患者で効果が確認された例は初めて」とコメントした。また自閉症のアスペルガー症候群でも効果が確認されたとの報告もある。これを知った同センターに通院する20代の男性が2008年にオキシトシンの点鼻薬を輸入・服用(数か月間)しところ、主治医の目を見て話す、対話中に笑顔を見せる、IQテストが受けられるようになるなどの症状の改善が見られ、その後10か月間の投与でも改善の持続が確認された。男性は3歳で自閉症の診断を受け、以前は他者と目を合わせることができず、オウム返しの反応しかできなかった。

ウィキペディアより引用

※自閉症や虐待を経験した母親などは、オキシトシンの血中濃度が低いことが報告されています。

自閉症のコミュニケーション障害に対する効果

東京大学や金沢大学の研究などから、オキシトシンが自閉症スペクトラムのコミュニケーション障害の改善に役立つことがわかりました。しかし、発達障がい特有の想像力の欠如の改善、先の見通しが立てられない、情報処理の問題、感覚過敏などの身体的な問題については、

今のところ改善する可能性があることは示されていないため、あくまでも対人関係におけるコミュニケーションに対して、苦手意識を改善することができる。という段階と理解した方がいいでしょう。

要するに、自閉症スペクトラムのあらゆる特性を完全に治療できるということではないということですね。

まとめ

オキシトシンが、自閉症スペクトラムの対人関係・コミュニケーションの障害の改善に役立つことは、確かに実験結果をみると有効だということはわかります。

しかし、今の段階では自閉症スペクトラムの根本的な脳の特性を治療できるということではないということを、知っておくことが必要ではないでしょうか。

多くの自閉症スペクトラムの人たちは、不安を抱えて生きています。高機能自閉症のテンプルさんも、抗不安薬は手放せないと著書に記しているほどです。

もしこのオキシトシンが、彼らの不安改善、コミュニケーションの改善につながるのであれば、今より楽に生きられることは間違いないでしょう。

現段階で日本の厚生労働省は、オキシトシンを自閉症スペクトラムの治療薬として使用することを認めていません。

オキシトシンを使用するには、外国から個人輸入で購入するしか方法はないのです。

副作用の有無など、オキシトシンを使用するリスクとメリットを確立させて、安心して使用することができる医薬品として、早く承認される日が来ることを願わずにはいられませんね。

⇒参考記事:自閉症のわかりやすい認知特性についてはこちらのページをごらんください。

発達障がい何でも電話相談開催中!

発達障がい何でも電話相談開催中!
発達障がいのこと。気になるの子の子育てや支援のことで、悩んだり、困ったり、迷ったりしていませんか。

「発達障がい何でも電話相談」は、子育てや支援の悩み、保護者と園や学校の関係に関する悩み、登園・登校拒否やかんしゃく・パニック・気になる言動や子どもの特性に関することはもちろん、
場面緘黙・HSC(敏感な子)・不安障害・うつ・愛着障害・反抗挑戦性障害・行為障害・ご自身の離婚や家族・夫婦関係の悩みに関すること、自分の性格の悩みや仕事・人間関係のこと、その他心の悩みなど、どんな悩みでも心に寄り添い一緒に考えさせていただきます。
話すことが苦手な方も安心して気軽に話せるよう、やさしく丁寧に悩みをお聴きしますので、
身近に相談相手がいないとき、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいときは、ぜひお気軽にご利用ください。

News

More