Oasisnoki

発達障がい子育て支援ブログ-オアシスの木

保育園・幼稚園・小学校での支援と方法

なぜ自閉症スペクトラムの子どもは、親や先生に対して平気で怒ったり好ましくない態度をとるのか?

なぜ自閉症スペクトラムの子どもは、親や先生に対して平気で怒ったり好ましくない態度をとるのか?

こんにちは、平良です。

自閉症スペクトラム(自閉症・広汎性発達障がい・アスペルガー症候群)の子どもの中には、親や先生という存在の概念がわからない子がいます。

「親にそんなこと言っていいの?」「先生に対してそんな態度とっていいの?」と思うような言動を平気でしてしまう子がいるんですね。

なぜ親や先生の概念がわからないの?

自閉症スペクトラムの人たちは、見えるものそのままを理解・解釈します。ですから親や先生という見えない抽象的な言葉の概念は、理解することが難しいのです。

たとえば、自閉症の子どもが「お父さん、お母さん」などと親を呼びますが、自分の親に対して「お父さん、お母さん」と呼べても、友達のお父さんやお母さんに対して「太郎君のお母さん」などと呼ぶことができない子が多いのです(そもそも友達の名前すら呼べない子もいますが)。

なぜなら、「お父さん、お母さん」は自分の親だけだからです。

友達のお父さんお母さんに対して、「太郎君のお母さん」「花子ちゃんのお母さん」と理解するためには、私たちのように瞬時に自動的にわからないので、何度も太郎君のお母さんに向かって「太郎君のお母さん」と言う練習をしたり、頭の中でイメージできるように学習する必要があるんですね。

それでも、私たちが理解する「太郎君のお母さん」という概念とは違うのです。


概念がわからないから平等です。

自閉症スペクトラムの子は、親や先生、友達、幸せなど、言葉の概念を理解することが難しいため(見えないものは理解が難しいためイメージ化して教える必要がある)、みな平等に裏表なくコミュニケーションをとります。

例えば大人の発達障がいの人の中には、平社員とも課長とも部長とも社長であっても、会社のすべての人に対して平等に裏表なく、お付き合いをし、同じような言葉遣いで接っする人がいます。

彼らにとって人はみな平等ですから、人をいじめたり差別したりすることもできないし、嘘をつくこともできないんですね。


なぜ概念がわからないのでしょうか?

自閉症の人たちの代表的な特性として知られる”想像力の欠如”が原因で、見えないものの概念や言葉の裏の意味、暗黙の了解、言わなくてもわかる一般的なルールがわからないのです。

ですから、彼らが親や教師に対して、自分の友だちと同じような言葉遣いで接したり、親や教師に対し本気で怒って注意をしたり、謝るまで許そうとしないのは、彼らはすべての人を平等に見ているからなんですね。

※自閉症の脳の特性については、こちらの記事をご覧ください。


さいごに

自閉症スペクトラムの子どもたちは、私たちのように自動的に、その場の状況や雰囲気を察したり、一般的な社会のルールや常識などを身につけることができない脳の特性をもっています。

この子たちが、ルールや常識、生きていくためのスキルを身につけるためには、必ずイメージできるように教え、体験させながら学習させることが必要なのです。

イメージ学習と体験学習を多く積ませてあげることで、自閉症の子どもたちは苦手な想像力の問題を、覚えたことをそのまま記憶から取り出して対処できるようになるからですね。

ただし学習したこと・覚えたことをそのまま使うために、その場に合わせて臨機応変に対応することは難しいということを理解する必要があるでしょう。

親や先生に向かって、怒ったり注意をしたりすることは、自閉症の脳の特性が要因となっているので、絶対叱ったりせずに、子どもが好ましくない言動をしたときは、どうしたらいいか具体的にイメージできるように、体験を通して学習させてあげることが必要です。

誰とでも分け隔てなく接する自閉症スペクトラムの子どもたち。

そんな自閉症の子どものいいところを、私たちはたくさん見てあげたいですね。

⇒参考記事:自閉症のわかりやすい認知特性についてはこちらのページをごらんください。

発達障がい何でも電話相談開催中!

発達障がい何でも電話相談開催中!
発達障がいのこと。気になるの子の子育てや支援のことで、悩んだり、困ったり、迷ったりしていませんか。

「発達障がい何でも電話相談」は、子育てや支援の悩み、保護者と園や学校の関係に関する悩み、登園・登校拒否やかんしゃく・パニック・気になる言動や子どもの特性に関することはもちろん、
場面緘黙・HSC(敏感な子)・不安障害・うつ・愛着障害・反抗挑戦性障害・行為障害・ご自身の離婚や家族・夫婦関係の悩みに関すること、自分の性格の悩みや仕事・人間関係のこと、その他心の悩みなど、どんな悩みでも心に寄り添い一緒に考えさせていただきます。
話すことが苦手な方も安心して気軽に話せるよう、やさしく丁寧に悩みをお聴きしますので、
身近に相談相手がいないとき、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいときは、ぜひお気軽にご利用ください。

News

More