Oasisnoki

発達障がい子育て支援ブログ-オアシスの木

保育園・幼稚園・小学校での支援と方法

発達障がいの子の合理的配慮で気をつけたいこと。

発達障がいの子の合理的配慮で気をつけたいこと。

こんにちは。

発達障がいを支援するカウンセラーの平良です。

今日は、「園や学校での合理的配慮で気をつけたいこと。」についてお伝えさせていただきますね。

発達障がいの子の合理的配慮

平成28年4月に障害者差別解消法が施行され、園や学校・公共機関・事業所・企業などは発達障がいの人たちに対して、合理的配慮をすることが義務付けられました。

合理的配慮とは、例えば、協調運動性障害があり、体育の時間を嫌がる子には、他の課題を提示してあげる。

全体集会に参加できない子には、遠くから見学したり、他にできることを提示してやってもらう。など、子どもたちができないこと、苦手なことに対して園や学校は、無理にさせずに他のことをさせたり、できるようにハードルを下げてあげたり、スモールステップでできるように配慮することをいいます。

合理的配慮という概念は本当に素晴らしいと思います。

ただし、配慮の仕方を間違うと子どもたちは

「自分はできない子」

「自分はダメな子」

「何で僕だけできないんだ!」などと自己否定しまう場合があります。

なので、子どもが嫌がることを他の課題や遊びに変える場合、その子が自己否定しないような言葉がけや配慮が必要なんですね。

合理的配慮の例

例えば小学校なら、事前に先生がお手伝いをお願いして、みんなと同じことができない時間にやってもらう。

事前に子どもと相談して、その子だけ違う課題をしたり、支援学級で過ごす。

などが考えられます。

また、例えば国語の授業は受けられるが、どうしても視覚機能の問題や手と目の協応運動の問題で、文字が枠からはみ出してしまったり、文字がきれいに書けない子などには、その子だけのオリジナルの教材やプリント・ノートを準備する必要があります。

発達障がいの子どもたちは、自己肯定感が低い子が多いため、周囲の子と違うことをさせたり、違う教材を使わせたり、ハードルを下げてあげたりするときは、周囲の子に特別扱いだと思われないような、できない子だと思われないような、目配り気配りを効かせた先生の配慮が必要なんですね。

子どもの特性を見極め負荷の計算をしましょう。

運動が得意な子に「体育の授業は見学してもいいよ」言いません。

算数が得意な子に「この問題だけ解いてね」とやさしい問題を解くように指示したりしませんよね。

ですから、合理的配慮をする場合、事前に子どもの特性をアセスメントすることが必要になりますし、合理的配慮はやり方を間違うと、子どもたちの自尊心を傷つけてしまう可能性があるため、日頃から周囲の大人が子どもの特性を見極めることが大切です。

このくらいなら大丈夫かな?

これなら乗り越えれるかな?

など、周囲の大人が常に負荷の計算をしてあげて、成功体験をさせるお膳立てが必要なんですね。

発達障がい何でも電話相談開催中!

発達障がい何でも電話相談開催中!
発達障がいのこと。気になるの子の子育てや支援のことで、悩んだり、困ったり、迷ったりしていませんか。

「発達障がい何でも電話相談」は、子育てや支援の悩み、保護者と園や学校の関係に関する悩み、登園・登校拒否やかんしゃく・パニック・気になる言動や子どもの特性に関することはもちろん、
場面緘黙・HSC(敏感な子)・不安障害・うつ・愛着障害・反抗挑戦性障害・行為障害・ご自身の離婚や家族・夫婦関係の悩みに関すること、自分の性格の悩みや仕事・人間関係のこと、その他心の悩みなど、どんな悩みでも心に寄り添い一緒に考えさせていただきます。
話すことが苦手な方も安心して気軽に話せるよう、やさしく丁寧に悩みをお聴きしますので、
身近に相談相手がいないとき、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいときは、ぜひお気軽にご利用ください。

News

More