Oasisnoki

発達障がい子育て支援ブログ-オアシスの木

子育てと接し方

子どものお尻を叩く体罰は問題行動につながる。

子どものお尻を叩く体罰は問題行動につながる。

大人がついやってしまいがちな、子どものお尻をたたくなどの体罰が、

・落ち着いて話しを聞けない。

・約束を守れない。

・一つのことに集中できない。

・我慢ができない。

・感情をうまく表せない。

・集団で行動できない。


などの問題行動につながり、しつけとして逆効果という研究結果を、東京医科歯科大の藤原武男教授やイチロー・カワチ米ハーバード大学教授らの研究チームが国際子ども虐待防止学会の学会誌に発表しました。


体罰が問題行動につながる

研究チームは、厚生労働省が子育て支援策などへの活用を目的に2001年生まれの人たちを追跡している「21世紀出生児縦断調査」のデータ約2万9千人分を使い、3歳半の時にお尻をたたくなどの体罰の有無が、5歳半に成長した時の行動にどう影響しているかを分析。

その結果、3歳半の時に保護者から体罰を受けていた子どもは、全く受けていなかった子どもに比べ、5歳半の時に「落ち着いて話しを聞けない」という行動のリスクが約1.6倍。

「約束を守れない」という行動のリスクが約1.5倍になるなど、体罰が問題行動につながるリスクが高いこと、また体罰が頻繁に行われるほどリスクが高くなっていたことが分かったそうです。


昔は体罰があたり前だった

私が子どもの頃は、体罰は普通に結構頻繁に行われていました。
殴られて鼻血が出ても、青あざができても、頭にタンコブができても、骨折しても、「お前が悪いことをしたから」で済まされ、ほんとんど問題になることはありませんでした。

私の場合、小学校の先生から、怒られたり体罰を受けることが多かったのですが、忘れ物はしょっちゅうしましたし、大人が問題と思う行動は減ることはなく逆に増えるばかりでした。

仲の良い友人や同じ学校に通う不良たちも益々エスカレートしていくばかりでした。


体罰は負の遺産をつくらせる

子ども全員に言えることではありますが、特に発達障がいがある子に対しては体罰だけでなく、否定的な言葉と態度も子どもの心に深い傷を負わせトラウマをつくらせてしまうことがあり、

大人が罰を与えたつもりはなくても、子どもが罰と捉える言動や態度を頻繁にとると、定型発達の子に比べすぐに自己否定しやすく(「どうせ僕なんて」の心理が働く)、問題行動は益々エスカレートします。

またADHDの傾向が強い子の場合、厳しいしつけや、罰・否定的な態度と言葉などは、私の経験上、問題行動が確実に増え、高い割合で非行や2次障害を発症させます。


大人の怒りは自分勝手

「叱る」は相手のことを思って強く自分の思いを伝えること。

「怒る」は自分の一方的な不満感情を相手にぶつけること。

大人が子どもに感情をぶつける時は、子どもが悪いのではなく、子どもが大人の期待や要求に応えないことに対して、「大人が勝手に怒っている」ことが多いものです。

発達が気になる子は、周囲の子が簡単にできることもできないことが多く、外見からはわかりづらい強い劣等感を持っている子がいます。

そんな子どもたちに、罰や叱責という失敗体験をさせ続けると心が壊れてしまうこと、がんばる意欲が削がれることが容易に想像できるのではないでしょうか。

私たち大人が、「罰を与える」ことをやめて、やさしく「丁寧に教える」ことに切り替わることを、子どもたちは心から望んでいるんですね。

発達障がい何でも電話相談開催中!

発達障がい何でも電話相談開催中!
発達障がいのこと。気になるの子の子育てや支援のことで、悩んだり、困ったり、迷ったりしていませんか。

「発達障がい何でも電話相談」は、子育てや支援の悩み、保護者と園や学校の関係に関する悩み、登園・登校拒否やかんしゃく・パニック・気になる言動や子どもの特性に関することはもちろん、
場面緘黙・HSC(敏感な子)・不安障害・うつ・愛着障害・反抗挑戦性障害・行為障害・ご自身の離婚や家族・夫婦関係の悩みに関すること、自分の性格の悩みや仕事・人間関係のこと、その他心の悩みなど、どんな悩みでも心に寄り添い一緒に考えさせていただきます。
話すことが苦手な方も安心して気軽に話せるよう、やさしく丁寧に悩みをお聴きしますので、
身近に相談相手がいないとき、誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいときは、ぜひお気軽にご利用ください。

News

More