保育園・幼稚園・小学校での支援と方法


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/manatumisaki/taira8.com/public_html/blog/wp-includes/post-template.php on line 316

発達が気になる子が進級すると登校できなくなる3つの理由を教えますね。

発達が気になる子が進級すると登校できなくなる3つの理由を教えますね。

こんにちは、平良です。

発達が気になる子・発達障がいの子どもの中には、進級してすぐ、または進級してから徐々に登校を渋るようになる子が結構います。

今まで問題なく登校していた子のお父さんお母さんにとっては、「なぜ?」「どうしたの?」と思ってしまうかもしれません。

また学校の先生も理由がわからずに困ってしまうかもしれませんね。

今日は、急に登校を渋りだす子の3つの理由について書きますので、よろしくお願いします。

理由1環境の変化に対応できない
私たちは、多少状況が変わっても、比較的スムーズに脳が切り替わり対応することができます。しかし、発達障がい・特に自閉症傾向の子は急に環境が変わると、脳もからだも対応できなくなり、とても不安になります。

進級することによって、教室の場所・担任の先生・クラスメイト・掲示物などが変わると、発達障がいの子にとって私たちが想像している以上に不安になるんですね。

私たちは、状況の変化に対応できるよう脳が自動的に働いてくれますが、自閉症スペクトラムの子どもや大人は、この機能がうまく働いてくれないのです。私たちにとっては当たり前のことも、子どもたちにとっては、相当な負荷がかかっていることを理解してくださいね。

理由2苦手な子がクラスにいる
発達障がいの子どもたちの多くは、白黒思考です。そもそも自閉症傾向のある子は、同年代の子どもとコミュニケーションをとるのが苦手なのに、クラスの中に苦手な子がいると不安と恐怖でいっぱいになってしまうんですね。

なぜ、自閉症の子が、同年代の子どもとコミュニケーションが苦手で不安になるかというと、

  • 相手が思っていること、考えていることを想像することが苦手
  • 自分の気持ちや考えを整理して相手に伝えることができない
  • 想像力の問題から相手が何をしてくるのか予測ができず不安になる
  • 一緒に何かを協力してすることが脳の特性上苦手
  • 同時に複数の情報を処理することができない
  • あらかじめ決まった話じゃないと話せないため、雑談ができない

このような特徴があるために、同年代の子どもと話すこと・コミュニケーションをとることが苦手になり不安を増大させてしまうのです。

中には、苦手な子との過去の悪い出来事を頻繁に思い出してフラッシュバックし、怖がる子もいます。

発達障がいの子がお友達と遊べない理由の詳しい説明はこちらの記事をご覧ください。

理由3担任の先生との信頼関係ができていない
ある意味仕方のないことかもしれませんが、進級して間もない頃は先生と子どもが触れ合う時間・話す時間・コミュニケーションをとる時間があまりありません。

環境が変わり、クラスメートが変わり、苦手な子がいて、同年代の子どもが苦手な子どもにとって、唯一の救いになるのが先生だけなのです。

特に自閉症・広汎性発達障がい・アスペルガー症候群の子どもたちは、先生や支援者とのコミュニケーション不足・信頼関係の構築ができない状況が続くと、学校へ行って勉強をするという意味づけができない状態が続いてしまい、不安になってしまいます。

ココはとても大事なことなので、教師のみなさんは覚えておいてくださいね。

私たちが考えてあげること

今の小学校は定型発達の子どもに合わせた教育スタイルなので、多くの小学校は進級すれば教室も先生もクラスメイトも変わるようなシステムになっています。

このようなシステムには、子どもたちが成長していく上で、たくさんのメリットがあることも事実です。

しかし、自閉症スペクトラムの子どもたちにとっては、私たちには体験できないような不安とストレスがかかっているということを知っておく必要があります。

その上で、今の学校のシステムを変えずに、発達障がいの子どもたちが進級の際に不安を少なくし、過度のストレスを与えないようなお膳立てをする必要があるんですね。

お膳立てとは?

ここまで書いてきたとおり、登校を渋る大きな要因は『不安』です。この不安を減らしてあげることが、実は発達障がいの子が学校生活を送る上で一番大切な支援であり、お膳立てなのです。

教室やクラスメイト・担任の先生や支援員が変わるということを前提に、不安を少なくするとてもシンプルなお膳立ての方法を説明したいと思います。

お膳立て1担任の先生との信頼関係を築く
進級する前に(新学期が始まる前)、担任の先生と一緒に子どもの好きな遊びをしましょう。次に担任の先生が子どもの家へ行き、子どもの好きな話をたっぷりと聴いてあげましょう。その際、事前に子どもの好きなことや嫌いなことをリサーチして、例えば電車が好きなら電車のことを調べておくといいですね。

発達障がいの子どもたちと信頼関係を築くためには、とことん子どもの世界に入ることが絶対に必要です。信頼関係が築けると、子どもは安心して学校へ登校ができるようになり、また指示も通りやすくなります。そして何より、子どもの自己肯定感が高まるので、苦手なことにも怯まない心が育ちます。私たち大人と同じで人間関係が、発達障がいの子どもたちの心を左右するんですね。

お膳立て2苦手な子は同じクラスにしない
発達障がいの子が苦手な子と一緒のクラスになることは、絶対に避けなければなりません。今日この記事に書いてある通り、脳の機能がうまく働かないことが要因で同年代の子どもたちとコミュニケーションをとることが苦手だからです。

フラッシュバックを一度起こすと、何度もフラッシュバックすることがありますので、できれば苦手な子と廊下などで顔を合わせたりしないような、クラス編成をしてあげることが大切でしょう。

お膳立て3子どもを中心にした学校・学級経営
ここまで読んでいただいた方・このブログをある程度読んでくれた方は、すでに理解していただいていると思いますが、発達障がいの子どもが周囲に合わせること・周囲の子と同じようなハードルを越えることは、とても難しいです(すべてではありませんが)。

ですから、発達障がいの子を中心に沿えた学校経営・学級経営が絶対に必要なんですね。

逆にそれができなれければ、発達障がいの子どもたちにとって学校へ行くことは、ただ辛いことでしかないのです。

そのためには、子どもが不適切な言動をしないためのお膳立て、登校できるためのお膳立て、楽しく学習できるためのお膳立て、クラスメイトと楽しく過ごせるようになるためのお膳立て、授業中周囲の子に迷惑をかけないようにするためのお膳立て、子どもに合ったいろんなお膳立てをする必要があるのです。

学校の先生からすると、「えっ?そこまでしないといけないの?」と思われるかもしれませんが、そうなんです。実はそれが特別支援教育が掲げる一人ひとりに合った支援なんですね。

これができなければ特別支援ではないと言っても、言い過ぎではないほど大切なことなのです。

まとめ

定型発達の子は、多少状況が変わっても比較的スムーズに脳が切り替わり・考え方を修正して、自然に対応することができます。しかし、発達障がい・特に自閉症傾向の子は急に環境が変わると、脳もからだも対応できなくなり、とても不安になります。

ですから、発達障がいの子が不安にならないように、しっかりと事前にお膳立て(特別支援)をして、それを継続し続けることが、絶対に必要になります。

もちろん、学校の先生も忙しいということは、私も重々承知していますが、でも発達障がいの子を中心にした学校経営・学級経営は、お膳立てが中心となり、叱ることが少なくなるため、子どもが喜ぶ・子どもの自尊心が高くなる・子どものやる気がでるなど、子どもにとってメリットがいっぱいなのです(デメリットを探す方が難しい)。

先生のみなさまには、特別支援とはお膳立てということを理解していただいて、学校経営・学級経営をしていただきたいですね。

発達障がいと心の悩み電話相談

発達障がいと心の悩み電話相談
発達障がいのこと。子育てや支援のことで、悩んだり、困ったり、迷ったりしていませんか。

子育てや支援の悩み、保護者と園や学校の関係に関する悩み、登園・登校拒否やかんしゃく・パニック・気になる言動や子どもの特性に関することはもちろん、
場面緘黙・HSC(敏感な子)・不安障害・うつ・愛着障害・反抗挑戦性障害・行為障害・ご自身の離婚や家族・夫婦関係の悩みに関すること、自分の性格の悩みや仕事・人間関係のこと、その他心の悩みなど、どんな悩みでも心に寄り添い一緒に考えさせていただきます。
話すことが苦手な方も安心して気軽に話せるよう、やさしく丁寧に悩みをお聴きしますので、
誰かに話を聴いてほしいとき、どうしたらいいか迷った時、一緒に考えてほしいとき、答えやヒントを見つけたいときは、ぜひご利用ください。